神戸の女性実業家 打間奈津子 「オフィシャルウェブサイト」

「三笠宮崇仁親王殿下と関西オリエント協会」

1)三笠宮様と初めてお会いした日

1981年、私は神戸の異人館のデベロッパーとしてアメリカンハウスをオープンしました。当時、ユダヤ系アメリカ人のジェイ・グラック氏のご自宅を訪れる機会があり、壷や絨毯など多prince1.jpg三笠宮宅(東宮御所にて) くのペルシャの秘宝を見せていただきました。彼の家にあっても、宝のもちぐされになってしまうのでは? こんなにすばらしい物ならぜひ見たいという方がきっとたくさんいらっしゃるだろうと思い、ジェイ・グラック氏を説得して、秘宝を展示したペルシャ館を1982年にオープンしました。ペルシャといえば、オリエント学です。 日本オリエント学会の名誉会長であられる三笠宮殿下とお食事をする機会に恵まれ、私はそのとき初めて殿下にお会いしました。とても緊張していたのですが、殿下は意外にも気さくな方でした。道が工事されてきれいになっていたのは、殿下がおみえになるからかと思ったのですが、単なる偶然だったようです。いえ、それも必然だったのでしょうか。美しくなった道さえも、殿下を歓迎しているかのようでした。
ペルシャ館をご見学くださったときに、殿下がポーチをお忘れになったのです。社員が探したときは見つけることができなくて、三笠宮殿下自ら走って探しに行かれました。今から思えば冷や汗が流れますが、社員を叱るわけでもなく、自ら走ってお戻りになられ、優しくお許しくださった殿下のお心には涙が出るほどでした。

2)ご冗談がお好き

ご一緒に神戸北野町を散策していましたときに、風見鶏の館に御連れしますと「ここは中曽根さんの町ですね」とおっしゃいました。中曽根さんというのは元総理のことで、“風見鶏”というニックネームがあったのですね。まさか、そんなご冗談をおっしゃるとは思いもしませんでした。
また、三笠宮殿下はラムのお肉がお好きでしたが、私は大嫌いだったので、「ラム肉がお嫌いな奈津子さんは、中近東へは行けませんね」などとご冗談をおっしゃられたこともありました。

3)背中を押してくださったこと

日を増すごとに三笠宮殿下と親しくなり、お話が盛り上がり、「神戸オリエント協会をおつくりになられてはいかがですか?」とまで私におっしゃられたことは、本当に驚きでした。当時若かった私は会長の器ではなかったので、ダイエーの中内功さんに神戸オリエント協会の会長になっていただけないかと、お願いに参りました。中内さんはすぐにOKをくださり、「よくすぐOKしましたね!」と周りの皆さんが驚かれるほどでした。会長に中内さん、副会長にUCCの上島さん(中内学校の生徒さんでした)と私が就任することになったのです。神戸オリエント協会の発足式には、三笠宮崇仁親王殿下をはじめ、陳舜臣さんも講演をしてくださいました。三笠宮殿下が背中を押してくださったことで、私は大きく前進できたのです。

4)ジルバのお約束

私は神戸北野町でレストラン「カサブランカ」を経営していたのですが、三笠宮殿下は何度もいらしてくださいました。生演奏でご一緒にダンスをしたこともありました。そのとき、ジルバがおできにならなかった三笠宮殿下が「今度来るまでに覚えてきます」とおっしゃったのですが、私は本気にしていませんでした。ところが数ヶ月後にお会いしたときには、ちゃんと踊れるようになられていて、本当にびっくりしました。アイススケートをされていたりして、運動神経も研ぎすまされていたのかもしれませんが、お約束はしっかりと守られる方なのだと実感したできごとです。

5)純粋なお心

お話の中で、殿下が動物園に行ったことがないとおっしゃったので、「では次回は阪神パークにお連れしますね」と申し上げました。
阪神パークの中まで車で入ったのですが、「奈津子さん、ほら、ゾウサンが、キリンさんが」とまるで子どものようにおはしゃぎになり、心から喜んでおられるご様子に、私も感激いたしました。

6)律儀なお電話

そんな殿下に、何をプレゼントしたらお喜びになるだろうかと私なりに考えた結果、夢を買う宝クジをお贈りすることにしました。何度かプレゼントしたのですが、「神棚においておきます」などとおっしゃいました。そして、いくらか当選されたときには、律儀にお電話をくださいました。現在のように携帯電話があるわけではないので「三笠宮ですが、ダマ奈津子さんはいらっしゃいますか?」と会社にお電話をしてこられました。社員は驚いて、直立不動になったものでした。

7)お部屋

三笠宮殿下はよく現在の新神戸オリエンタルホテルにお泊まりになられました。いいお部屋を予約すると「普通のお部屋でいいですよ」とおっしゃるので、一般的なダブルのお部屋をおとりしました。すると「お泊まりになったらいかがですか?」とご冗談をおっしゃいます。お部屋を出てから気づいたのですが、お風呂にお湯を入れて差し上げたら良かった、と思ったものです。もちろん、そんなときも、表にはSPが立っていらっしゃるのですが。

8)お金を払ってくださったこと

お食事に行くときに何がいいかとお伺いしますと、「美味しかったら何でもいい」とおっしゃいます。お食事のあと、ふたりで帝国ホテルの地下の喫茶店に入ったときのことです。
「私に払わせてください」と殿下がおっしゃいました。なんと、殿下にごちそうになってしまったのです。

9)流通の王様も緊張

中内さんと3人でお食事をしたときのことです。緊張しすぎた中内さんが、まだお食事を終わられていない殿下に向かって「本日はありがとうございます」と挨拶をされたのです。私はあわてて「殿下はまだお食事中ですよ」と申し上げたのですが、流通の王様と言われた中内氏でさえも殿下の前では緊張されるのだとわかり、微笑ましく思ったものでした。

10)SP

東京ではSPをつけないとおっしゃる殿下ですが、何かあると大変ですので、こっそりSPの方がついてこられています。殿下が席をはずされたときに、私に耳打ちで「きょうはどこへおいでになるのですか?」と聞かれます。

11)ほめ上手

殿下にお会いするときにおしゃれをしていくと、殿下は必ず「きょうのお洋服は素敵ですね」などとほめてくださるのです。これもお育ちのよさだと思うのですが、とてもいい気分にしてくださいます。denka.jpgFree Discussion
私が「殿下は素敵なお声をされていますね。どうしてそんなに声が通るのですか?」とお聞きしましたら、陸軍で声を出すことを日常の訓練としておこなっていたからだとおっしゃいました。

12)水との縁

住友金属の子会社経営の「ザ・シティクラブ備後町」のオープニングパーティーで、各会の著名人がお集りになったときのことです。当時の岸知事がご挨拶されていたときに、天井から水がポタポタと落ちていることに気がつきました。私はとっさに植木鉢をその下に置くように指示をしました。三笠宮殿下のご挨拶が始まると、ますます落ちる水の量が多くなり、皆、青くなっていました。後で謝罪に伺うと、「あれは演出ではなかったのですか? 私はとても水に縁があり、飛行機に乗ったときも、天井から水が落ちてきたことがあるのですよ」などとにこやかにお話しをされ、救われたものです。けっして人を責めたりなさいませんし、こちらが落ち込んでいると明るい言葉で励ましてくださいました。人として心から尊敬できる方だと思います。

13)フレンドリーなご発言

東京三鷹に財団法人中近東文化センターがあります。三笠宮崇仁親王殿下のご発意のもと1979年に開館されました。50人ほどで見学に行ったとき、展示を指差しながら三笠宮殿下が解説をされていました。皆がお話に聞き入っているときに、「お手洗いに行かれたい方は、そこをまがったらありますよ」とおっしゃるので、ドッと笑いがおこりました。そんなフレンドリーな一面のある方なのです。

14)東京御所での初体験

三笠宮殿下のお住まいである東宮御所にお招きいただいたときには、女官の方が、30分おきにお飲物をお持ちくださいました。最初は日本茶、そして次は紅茶というように、お気遣いをいただくのです。おかきをお出しいただいたときも、スプーンでとっていただくという、上品な初体験をいたしました。おかきは手で食べるものだという概念がくつがえされた瞬間でした。

15)悩み相談

米国の大学から名誉学位授与のお話があったとき、三笠宮殿下は一度お断りになられました。そしてその件について、私に相談をされ、お手紙までいただいたことがあります。そのお手紙は今も大切においてあり、なにかあるたびに、読み返しております。殿下はご自身の名誉よりも、国と国との関係を重視され、行動をおこされる際にも思慮深く、言葉の端々に思いを感じとることができ、お手紙を何度読み返しても感慨深いものがこみ上げるのです。
一時期はご子息のことでご心配もされていて、父親としての一面も拝見したことがございました。そのような相談をしてくださったことが、私にとっての思い出であり、そのように親しくしてくださったことが、私の人生の最高の幸せだと思っています。

16)食べ過ぎ?

三笠宮殿下はお魚、特にあゆがお好きでした。
「あゆの食べ過ぎでは?」と料亭の女将が心配して声をかけるほどに、あゆをたくさんお召し上がりになられたこともありました。
皇室の方といえども、普段は私たちと変わらないということに、感激したこともあります。

17)謙虚さ

東京女子大でオリエント学の講演をされたときには、講演後に私に「きょうの私の講演はちゃんとできていましたか?」とお聞きになられました。いつも素晴らしい講演をなさるのに、そのような確認を私にされるということが意外で、失礼な表現ですが、とても謙虚でかわいい方だという印象を受けました。

18)震災

阪神淡路大震災のときには、とても心配してくださいました。何度も携帯にお電話をいただいたそうなのですが、なかなかつながらず、やっと十日後に私が上京した際に携帯に電話がつながり、「明日いらっしゃい」とお電話をくださいました。私たちが伺うと、殿下と妃殿下が出ていらっしゃって、とても心配そうな面持ちで話を聞いてくださって、感激いたしました。
「関東大震災のとき、ピアノがとんできたりして、自分も震災を体験したので、怖さがわかります」とおっしゃってくださいました。

19)明日

娘には何度も会ってくださっていたのですが、息子がスイスにいたため、お会いするチャンスが長い間ありませんでした。息子が日本に帰ってきたときに「一度お目にかかりたいのですが」とお電話したら、なんと「ぜひ明日来なさい」とおっしゃってくださったのです。実際に息子は翌日お会いすることができたのですが、相手のことを第一に考えてくださるそのお心の広さには、驚かされました。

20)祈り

そんな風に長い間親しくさせていただいたのですが、今年になってからご連絡を差し上げたときに、初めてお会いしに行くことを断られました。30数年間一度も断られたことはなかったのですが、どうしてだろうとずっと気になっていたら、数ヶ月後に寬仁親王殿下がお亡くなりになられたことを知らされました。きっと寬仁親王殿下のお体の調子がお悪かったのでしょう。
その後、三笠宮殿下ご自身も入院をされ、手術されました。入院されたと聞いた日は一睡もできず、この30数年間の思い出が、走馬灯のように頭に次々と浮かんでまいりました。お元気になられることを祈りつつ、思い出を書き綴っております。





2012年9月7日 打間奈津子 Mrs. Natsuko Dama